madamエッチ体験img

子供が生まれる前の
丁度30歳の時のエロ体験談です

妻は2歳年上の32歳。

そして、GWに妻と旅行に車で行く事になりました

当然ゴールデンウィークの高速道路ですから
渋滞になり、次第に妻は
疲れたのか無口になっていきました



「どうしたの?」

と聞くと

「何でもない」

というのでそのまま車を走らせていました。

次第にため息のようなものが
聞こえてきます。

何か異変を感じた僕は
横にいる妻に

「大丈夫?」

と心配して声をかけると

「オシッコしたいの・・・」

という声が聞こえてきました。

次のPAまではまだ少し距離があります。

トンネルの中で停車状態になるので
不安になるらしく、
ため息が何度も聞こえてきます。

「もうダメ、漏れちゃう・・」

いよいよ限界であることを伝えてきました。

僕は何か袋のようなものがないか探し、
小さいコンビニの袋が
出てきたんですがミニマムサイズでした。

一応、膨らまして穴が開いてないことを確認し、
妻に渡しました

漏れそうだという危機一髪の中
恥ずかしさもあるらしく
カーオディオのボリュームを自分で大きくし

「見ないで・・・」

と言われ、そっぽを向くと
音楽の音に紛れて、ベルトを外す音や
衣擦れの音がかすかに聞こえてきます。

僕は仕事でも見せないような集中力を発揮し、
音に耳をそばだてました。

やがて何か水の流れるような
音が聞こえてきました。

その瞬間、チラっと横を見ると
妻がビニール袋に放尿しているんです

何とも艶かしい姿に興奮・・・

アソコは最大限に勃起していました。

「ちょっとぉ袋小さい」

とか

「あふれたらどうしよう」

とか、おしっこしながら
小さい声で呟く妻

もう射精しそうなくらい興奮してます。

ガマン汁がにじみ出てるのがわかるくらいでした。

オシッコが終ったみたいで
何とか袋の中におさまったようです。

「ねえ、どうしようこれ」

と言って妻がオシッコ入りの
袋を僕に見せてきました。

中に黄色いオシッコがタプタプしてます。

それを見た瞬間、マジで射精しそうになりました。

冷静を装い

「袋の口、縛れない?」

と聞くと

「ダメ。オシッコの量が多すぎて」

と言ってます。

渋滞で時々、車が止まるので
そのスキに車の外に捨てに行ってもらいました。

それで車に戻ってくると妻に・・

「ねえ、何なの?その股間!!」

勃起チンコを見つけられてしまいました。

「何ー!?興奮してんの?この変態ー。」

妻から怒涛のように罵られましたが

「ねー後でホテルについたら
オシッコするところもう一回ちゃんと見せてよ」

とお願いしたら、

「見てたの?やだ!
見ないでって言ったのに」

「でも物凄くエロかったよ」

「やだー無理無理
そっち系は絶対無理だって」

と梨の礫の妻の反応

でもこの体験で放尿プレイに目覚めたしまったのです

一度でいいから妻が羞恥心に満ちた
表情を浮かべながらおしっこをして
飲んでみたい・・

妻と飲尿プレイをしたい・・

日々強くなっていきます