madamエッチ体験img

エロ熟女をGETしました

帰りの日比谷線でいい感じに
ブスなおばさんが爆睡していて、
股を開いてパンティモロ見え状態。

見た目は50代後半の高齢熟女

最近はこの年代でも
黒いミニのワンピースなんかを着たりしてる。

最初は派手なストッキングから透ける
パンティがなかなかエロく、
ごちそうさまと思ってたんですが偶然、
同じ銀座駅で降りて丸の内線の乗り換えまで一緒に。

エスカレータで見る
ムチムチした高齢熟女のおデブボディもすごく好みで
ムラムラと欲情してきてしまう


終電にはまだまだ余裕がありましが、
この50代のおばちゃん座り込んで寝込んでしまった。

隣で様子をけっこう酔ってる感じ。

「大丈夫ですか?」

と声をかけながらさりげなくあちこちに
ボディタッチ。

おっぱいはかなり大きくブラで
ガチガチに固定してる感じ。

内股に触れた?触れない?

というギリギリでタッチしながら、
顔をのぞき込むと、

「あぁ、大丈夫ジャナイヨ」

もう支離滅裂。

ブスおばさんの目的駅は
鶴見で行き先が途中まで一緒だったので付き添ったけど、
デブスおばちゃんが気持ち悪いというので
途中下車。

もう下心全開で介抱しながら、
おばちゃんの身体を触りまくった。

ブヨブヨで柔らかい身体を堪能しても、
おばちゃんは何も言わない。

ホームだと人目がつくので、
ふらふらと多目的用のトイレまで連れてって
背中をさすった。

おばちゃんは、吐くわけでもなく
便座に手をついてうずくまってしまった。

「用をたす?」

おばちゃんは大丈夫だからと
まだギリギリ理性はあったようだ。

座ってれば大丈夫だからと便座に腰掛けた

おばちゃんの内股をもう普通に触ってた。

「ホントに大丈夫?汚さないように
下げたほうがいいって」

そういっておばちゃんの下着に手をかけた。

おばちゃんは大丈夫だからと
断ってたけど抵抗する力もなく、
すんなりストッキングごと膝まで下ろせた。

「アカンて、こんなん」

急に方言が出て、
どうやら関西から来てるようだった。

デブスなおばちゃんの唇を奪って
舌を入れると簡単に陥落。

股の間に手を入れて、
指をクネクネを動かすと浅いところに
触れてるだけだったのに、
たちまち婬汁で濡れてきた。

こんな棚ボタ、
めったにないので家に遅くなると連絡を入れると、
酔ったおばちゃんと駅を出た。

下着を脱がされて、ノーパン、
ミニのおばちゃんを口説きながら、
駅から見えたラブホへと近づく。

「お兄ちゃんアカンて。もう大丈夫やから、返して」

ろれつが怪しいけど、
方言でこんなこといってた気がする。

フラフラとラブホへ連れ込んで、
デブスおばさんをベッドに寝かせた。

ずり上がったミニから覗く、
手入れもされてないボウボウの茂みと太い脚。

高齢熟女好きのオレとしては、
ものすごく好みのブスおばちゃん。

前戯もそこそこにおばちゃんと合体。

最初はイヤイヤと抵抗し挿入したあとも
顔を背けてたおばちゃんもすぐに
キスに応じるようになり、おまんこもドロドロ。

お酒のせいか感度もすごくよくて、
小さく悲鳴をあげると俺が行く前に
2回も達してピクピクと痙攣してました。

ぐったりと手足を投げ出して
気絶したように眠ってる横になってる
おばちゃんのバッグを覗くとカード入れと免許証が。

まさかの60代の還暦越えたお婆ちゃんと
初めてセックスした。(これまでは54歳が最高)

おばちゃんが目を覚ますと、
服を脱がせて今度はねっとりと交わった。

全裸になった老女と抱き合ってると、
バッグから着信音が

おばちゃんが慌てて携帯を取ったんですが、
俺をそんな還暦おばちゃんと
手を重ねるとトロトロに溶けた熟膣に挿入。

あっあっ~

おばちゃんの手の中で携帯は鳴り続けてたが、
結局出ることもなくオルガズムに達してた。

「電話、出なくていいの?」

「夫に合わせる顔がない・・・」

そういって凹んでるおばちゃんが可愛く見えて、
バックからセックス。

大きなお尻にパンパンを打ち付けると、

ああぁ~と、おばちゃんが
動物のような悲鳴をあげてた。

金玉が空になるほど中出しした。

セックスのあと、四つん這いになったお尻を広げると、
膣からドロっと大量の白濁液が。

数時間4発もセックスしたのは久しぶり。

隣で大きなイビキを立ててるブスな
還暦おばちゃんの乳首を弾いる。

ブスおばちゃんがされたことないような
卑猥な写真を何枚も撮り、
30歳近くも年下のチンポに狂ってる様子も
ハメ撮りしてムービーに収めた。

観光で来てるのかと思いきや
案外近くに住んでるようなので、
これからもこの60代過ぎの老婆とHな事して
楽しめそう