madamエッチ体験img

俺は23歳の新人サラリーマン。

そんな俺の好きな人は
職場の花で3年間想い続けた
11歳上の女上司の彩乃。

ずっと憧れ続けて、
その間に彼女もいたことがあったが、
オナニーや彼女とのSEXでイク瞬間、
この30代半ばの女上司を
妄想しながら射精する程恋をしていた。

顔は沢尻エリカをさらに妖艶に
大人の熟した女性に
体は巨乳のグラマー。

夏服のブラウスの時なんかは
オッパイの所がパツパツで
俺はそれを目に焼き付けてはオナニーしていた。


先日、その憧れの女上司と
ついに中出しSEXたのだ。

会社の人達5人で飯を喰った後、
俺と彼女と俺と同期の勇人3人が飲みに行き
勇人は遅くなると彼女に怒られると
午前1時にはお開きとなった。

俺はそれまで綾乃がどこに
住んでるのかしらなかった。

帰りタクシーを呼ぶのに綾乃が俺の家まで
帰る途中に住んでる事をしり相乗りする事になった。

その時点で心臓はドキドキして
タクシーの中ではペニスが勃起していた。

無言のタクシーの中
勃起していることがばれない様にと思う反面
恥ずかしいけど勃起している事に
きずいて欲しいとわざと股間が
目立つ様な座り方をしていると
彼女がタクシーを降りる時
俺の手首を持っ運転手に

「2人供ここで降ります」

と言った。

「家まで帰ったらタクシー代
馬鹿にならないでしょ」

と始発まで仮眠していっていいよと
大好きな美熟女女上司の
マンションにお邪魔した時には
緊張で勃起はおさまっていた。

二人でソファーに座り深夜映画を見ていると
綾乃が横になり始め俺は
その後ろで同じ方向を向いて横になった。

これは綾乃が自ら作った状況なんだと思うと
ペニスがビンビンに勃起していた。

そのペニスの前には綾乃の
豊満なオシリがある。

押し付けずにはいられなかった。

最初はさりげなく押し付けていたものの時々
彼女が体をピクッとさせるので
俺はグリグリ押し当てて腰をうごかした。

もう我慢出来ずにオッパイに
手を回して激しく揉みさくった。

それと同時にパンティーに手を入れた時には
おまんこ汁がグショグショに濡れていた。


「結構エッチなんすね」

というと

「タクシーでチンチン硬くなってるの
見てから変な気持ちになってきて」

と俺のペニスを触りながら
ズボンとトランクスを脱がしてくれた。

夢にまでみた女のFカップの
オッパイを吸いながらペニスをシコシコされた俺は
挿入前に射精してしまった。

でも自分でも驚く位すぐに勃起してきた。

無我夢中で綾乃の体に
むさぼりつき野獣になった俺は生挿入

中出しとか外出しとか理性もぶっ飛び
間も無く彼女の中に大量に射精した。

気持ちよすぎて涙が出そうだった。

それから大好きラブラブな女上司も俺とのSEXが
気に入ってくれたのか?

週1ペースでセックスしているが
ドンドン濃厚になってきている。

もう結構SEXしているのに
告白はできない・・

もし好きだ!つきあってくださいと
告白して振られて、体の関係もなくなったらと思うと
なかなか告白できない・・

まるで都合のいい女みたいな立場の俺