madamエッチ体験img

私は44歳になる主婦Mです。

誰にも話してこなかった
秘密を今日投稿します。

主人とは学生時代から付き合って結婚し、
現在、大学生と高校生の子供が2人います。

主人の親は北海道で自営業を営なんでいて
跡継ぎのために18年前に都心から
北海道へ来ました。

現在は子供のことにも少し手が
離れ自分の時間を持てるようになりました。

そんな時にネットで告白の投稿を見て
自分も人に話してみたいという気持ちになりました。

私の実家は子供の頃から厳しかったせいもあり、
私は性に対して疎く、セックスに対しても
少し罪悪感を持っていました。


エッチなこと=悪いことという
イメージが私の中ではありましたが、
色々なhな告白の投稿を見て、
衝撃や刺激を受けながらも
毎日エッチな告白を見てしまう
自分に正直驚いています

今回の告白はロストバージンのことを書きたいと思います。

皆さんが書いてあるような
特別刺激的なものではないのですが

なるべく露骨な表現で書こうとお思いますが、
初めて書くので変でも我慢してくださいね

高校を卒業した18歳の頃に戻ります。

この頃はエッチなことに対して抵抗がありました。

彼(H)との出会いで少しずつですが
エッチに対して好奇心や興味も
沸いてきた

そんな頃の思い出です。

Hと知り合った時には、私には彼が居ました。

高校時代からずっと憧れだった人と
卒業後付き合うことになったのです。

念願が叶った相手であったはずなのに、
その前彼とデートでドライブした時に
ファーストキスを奪われ服の上からでしたが
オッパイを触られたんです。

その時に嫌って気持ちになり、
つき飛ばしてしまいました。

怖かったのと驚きでそんな
行動をしてしまったと思います。

でも前彼とはそれがきっかけで、
会うたびに嫌な気持ちになり1ヶ月もしな
いうちに私の方から離れてしまいました。

そんな中、Hの存在が私の中で
変化を起こしていったのだと思います。

いつもリーダー的な存在で仲間の中心に居て、
それでいて優しく慕われる
Hに私も惹かれていったのだと思います。

前彼と別れて3ヶ月たった頃に
Hの方から告白されました。

ただ私は拒否しました。

高校時代にあれだけ憧れだった人と
付き合えたのに1ヶ月足らずで
嫌になってしまったというトラウマがあったからです。

Hに好意を持っていた私は嫌になるくらいなら、
付き合わず友達のままで良いから
ずっと横に居てくれたらと思ってました。

付き合っても居ないのに、
いつも私はHと一緒にいました。

心では大好きなのに、
気持ちが付き合うことに反発してたのだと思います。

それから1ヶ月ほど経ったある日、
私は風邪を引いて寝込んでしまいました。
そんな時にHは見舞いにきてくれたのです。

熱でフワフワしてたのもあり、
弱気になっていたこともあり正直な気持ちと
なぜ付き合うことを避けているのか。

その理由をHに正直に話しました。

するとHはニコッと笑い

頭をポンポンとたたきながら

「俺は大丈夫!Mは俺のこと嫌にならないよ」

と言ってキスをしてきたのです。

私はビックリしましたがすぐに
心地よさを感じ私の口の中に入ってきたHの
舌に自ら自分の舌を絡めてしまいました。

するとHは私のパジャマをたくし上げ、
ブラジャーをはずしたのです。

初めて他人にオッパイを見られてしまい。

さらに揉まれ乳首も吸われました。

ただ前彼の時と違ったのは、
初めてオッパイを見られ触られ乳首を吸われている状況に、
私はもっとして欲しいという感情が
沸きHの頭を抱き抱え自分の
オッパイに押し付けてしまっていたのです。

その時はとても気持ち良く、
Hにそうされたのが幸せと思っていました。

Hはもし後で俺のことが嫌になってきたのなら
正直に言ってくれたら良いと
言ってくれ、その時はそれだけで終わったのです。

それから半月が経っても私の気持ちは変わらず、
それどころかもっとHのことを
好きになっていました。

そして正式に付き合うことになりました。

付き合いだしてからは、
毎日のようにHが独り暮らししている家に通うようになりました。

キスもお互いが舌を出して
絡め合うようなエッチなキスになっていました。

オッパイは揉まれたり吸われたりしてたのですが、
オマ○コにはなかなか触れてもこないのです。

私のオマ○コは熱くなり
ムズムズして濡れてしまっていました。

トイレに行ってショーツを脱ぐと
オマ○コからショーツのクロッチにかけて
透明な糸が引いていて、
クロッチ部分がグショグショになっていたのを覚えています。

その頃にはオマ○コも触って
初体験、初エッチしたいなーと
ちょっと思っていました。

家に帰ってもオマ○コが
熱くなっているのが収まらず、
生まれて初めてオナニーをしてしまったのです。

割れ目に沿って指を上下に
動かしクリトリスを刺激するだけのオナニーでしたが

ただまだイクことはできず
気持ちがいいだけというオナニーでした。

私は2ヵ月後にくるHの誕生日にバージンを捧げようと決めていました。
私としてはすでにHが望むのであれば、いつでも捧げても良いというほど
Hを愛していたのですが、Hの方から「Mを大切にしたいから」と下半身
への行為は抑えてくれていたので、Hの優しさと誠意に答えるように私も
その時はそれ以上は望まないようにしていました。

Hの誕生日の前の日に、Hに初めてオマ○コを見られ触られました。
いつものようにキスをしてオッパイを愛撫され、はじめてHの手が太ももの
方からスカートの中に入ってきたのです。恥ずかしさと、ずっとそうして欲
しかったという思いがあったせいか太ももを触られただけで体がビクンビク
ンと反応してしまっていました。そんな反応を見たせいかHもいつもより息
も荒く興奮しているようでした。

ショーツの上からオマ○コの割れ目に沿ってHの指が触れてきて「すごく濡
れてるね」と耳元で囁かれた時には、恥ずかしさと興奮で体中が熱くなり
赤くなってしまっていたと思います。
スカートもショーツも脱がされ、誰にも見せたことのない私のオマ○コをH
にさらけ出しました。「すごく毛が薄いんだね。綺麗で可愛い」とHが言い
ながら指でオマ○コを広げ中の方まで見られています。
私の陰毛はとても薄くオマ○コの周りにも毛がまったく無いのでハッキリと
オマ○コが見えていたと思います。見られているだけでも感じてしまってい
るのにクリトリスを指で刺激されながらHの舌が膣のあたりから舐め上げる
ようにしてきます。もう頭の中は恥ずかしさと快感で真っ白になっていた
と思います。
愛液が溢れてきます、それをHは舐めて吸ってくれてることが恥ずかしいな
がらも嬉しかったです。クリトリスを舌で転がされたり、口を付けて吸っ
てくれたりすると体中に電気が走ったようになり、ガクガクと体が波打ちま
した。体のどの部分に触れられてもビクンビクンしてしまい。わけが分から
なくなっていました。Hはそれが面白いのかわざと触れてきたりして笑って
ました。きっとこの日が始めて私が絶頂を迎えた日になったと思います。

頭がしっかりしてきた頃には私はHの腕枕で寄り添っていました。Hは私の
頭を優しく撫でてくれてました。
私が勇気を振り絞ってHのオチ○コに触れてみたいと言いました。
Hは私の手を取り、そっと自分のオチ○コのところに持って行きました。
ズボンの上から触れたそれは大きくてすごく堅く、手を上下に動かし擦って
みると、たまにビクビクと動いていました。
私は布団に潜り込み、Hのズボンのファスナーを下ろしズボンを脱がせ、パ
ンツの上から触れて見ました。ビックリしたのはパンツがすごく濡れていた
のです。Hに聞くとこれが我慢汁というものだったそうです。
私だけではなく、Hもいつも私とキスをしたりオッパイを愛撫して後にはパ
ンツが我慢汁で濡れていたそうです。
しばらくパンツの上から触ったり握ったりしていましたが、私のオマ○コも
見られ触られたのだから、私も見て触って良いよね。って思いでパンツを脱
がせ布団を捲りました。
Hの勃起したオチ○コを始めて目にしました。私は父のしか見たことが無く、
それもお風呂上りなどにチラっと見た程度だったのですが、まったく別もの
でした。
そっとHのサオに触れてみると、ビクンと動きます。握ってみると石のよう
に堅く上下に擦ってみると先のほうから透明な我慢汁が出てきます。
玉袋には玉が2つ入ってるようで、本当に2個あるんだなーと何故か冷静に観
察してる自分もいましたw
正直、男性のオチ○コに対しては汚いとか気持ち悪いという気持ちがありま
したがHのは全然平気で逆に可愛く愛おしく感じました。
ただ、明日はHの誕生日。こんなに大きくて堅いのが自分のオマ○コに入る
のだろうか?と少し怖い気持ちにもなりました。

Hのオチ○コをそっと舐めてみました。するとHが亀頭の裏側が気持ちいい
んだと教えてくれたので、亀頭の裏側を舌でチロチロと舐めたり、カリの部
分まで口に含んだりしました。ただ始めてのフェラでぎこちない上に、私は
口が小さいので亀頭の部分を口に入れるのが限界でした。
初めて味わうオチ○コの味は良くわからなかったです。我慢汁の味もあまり
分からなかった…ちょっと苦味があったかな?
Hのオチ○コを口に入れた時は心の中で、これでHは私の物♪って気持ちで
いっぱいでした。
小さな口で奉仕しているのが苦痛に見えたのかHは、「無理しなくて良いぞ」
とオチ○コを咥えている私の手を引き寄せ抱きしめてくれました。
私の片手はオチ○コを握り締め上下に動かし、Hはビショビショになった私
のオマ○コを手で愛撫してくれました。
Hの胸の中で抱かれながら、1日で生まれて2度目の絶頂を迎えました。
とても幸せでした。Hには射精させてあげることはできなかったのが残念で
した。

誕生日、私がHに捧げる日です。実はHも童貞でしたのでお互いに始めてと
いうことにもあり、とても緊張してました。
私は経験豊富な大学の女友達から色々と聞いてイメージトレーニングはして
きていましたがドキドキは止まりませんでした。
いつものようにキスから始まりペッティング、オマ○コは愛液とHの唾液で
濡れ濡れ、Hのオチ○コもドクドクと脈を打って我慢汁も溢れ出し私の唾液
とでお互い準備は万全です。
初めては生でと思っていたのでコンドームなどは使わないように言ってあり
ました。
ついに挿入の時です。始めはやはり正常位でお互いの顔を見つめあいながら
Hはオチ○コの先でオマ○コの入り口を上下に動かし刺激を与えながらゆっ
くりと挿入してきました。
キツイ感じはありましたが不思議と痛みは少なくあっさりとHのオチ○コを
根元まで受け入れました。
Hも気を使ってゆっくりと動いてくれました。私の中が浅いのかHのオチン
ポが長いのか奥に当たると少し痛みを感じましたが、話で聞いていたほど痛
みを感じませんでしたし、出血もありませんでした。
正直、気持ちいいなどの快感も無かったですが。

ある程度してから、初めてのセックスだというのに「私が上になってみる?」
と言ってオチ○コをいったん抜き、Hに仰向けになってもらい、私がHのオチ
ンポを握り自分のオマ○コに導き腰を下ろしました。わたしがゆっくりと自分
から腰を上下に動かしたり円を書くようにくねらせたり、騎乗位というものも
体験しました。
私は自分からそうしてる行為を少し楽しんでいたのかもしれません。
私のオマ○コの奥のほうが少し痛くなってきちゃったので、Hが気を使って、
今日はここまでにしようと終わりになりました。

その後、一緒にお風呂に入りました。これも初体験でした。
お風呂から出て、私はどうしてもHに射精してもらいたくて、自分からフェラ
してもいいか聞いてしゃぶり付きました。
わたしのオマ○コは挿入のせいもあり敏感になっていて、触られると少し痛か
ったのでHには「見るだけで我慢してくれる?」と言い自然と69の形になり
一生懸命、手と口を使ってオチ○コを刺激しました。
Hに「今日は精液を出して欲しい。出るところを見たい」とお願いをして…

しばらくしてHが「いきそう」と言い。私は思わず口に含みました。その瞬間、
ドクドクとHの生温かい精液が私の口の中に出され、私は飲み込んでしまいま
した。出すのも悪いし飲むと男の人は喜ぶと聞いていたのでそうしました。
その時、特に味はわからなかったです。とにかく愛するHが射精してくれたこ
とが嬉しかったです。
Hは「ごめん、出ちゃった」と言いながら慌ててティッシュを口元に持ってき
てくれたのですが、「飲んじゃった」って言うとビックリしながらも嬉しいと
言ってくれました。
私はあっ!と思い、「精液が出るところ見なかった…」と言うとHは「いつで
も見れるよ」と笑いながら言いました。

その日はそのまましばらくHに抱かれてロストバージンの余韻に浸ってました。

その後の続きは追々に書いていきますね♪


彼Hとのロストバージンを済ませてからというもの私の中でエッチに対す
る気持ちが大きく変わってきていました。
当然、彼に対する気持ちもどんどん強くなっていきました。

Hとは会うたびに必ずセックスするようになっていました。
当時はお互い学生だったので、ほとんど毎日会っていたので毎日セックス
していたんだと思います。
お互い若かったこともあり、性欲というものに限りは無かったのでセック
スする日は必ず2回はお決まりでした(笑)


Hの愛撫はとても上手で私の感じる部分を的確にせめてきます。
特にHの舌の長さと舌先の細さ、さらに舌先が起用に小刻みに動きます。
乳房を優しく揉まれながら、そんな舌を耳から首筋、わきの下から乳房。
そして乳首の周りを書くように。
早く乳首を舐めてと思っている私を焦らすように、なかなか乳首を舐めて
くれません。感じて乳首が痛いくらいに起ってきた時を見計らい、そっと
舐めてくれます。私はそれだけで体中に電気が走ったようにビクンとのけ
ぞり「あぁ~」っと喘いでしまいます。
私にスイッチが入ったのを確認するように、片方の乳首を指で摘みクリクリ
と転がしたり軽く引っ張ったり…もう片方の乳首は「どうやってしてるの?」
と思うような舌業で、吸われながら口の中で舌で転がされてる感じ。
とにかく乳首だけでもイッてしまう位に感じさせてくれます。

Hの堅く大きくなったオチ○ポが太ももに当りビクンビクンしてるのを感じ
て、自然と私の手はHのオチ○ポを握り、ゆっくりと扱いてしまいます。
先の方が我慢汁で濡れてきてるのを感じると指先で我慢汁を亀頭に塗るよう
にクリクリと動かします。

オッパイを攻められながらHの片手は私の太ももを摩り、徐々に内股へ…
でもオマ○コにはまだ触れてくれません。オマ○コの周りそっと触り続ける
だけ。
「早く触ってほしい」そう告げても、Hは「まだだよ」と意地悪っぽい顔で
言います。本当に焦らすのが好きなんです。
Hの舌はオッパイからお腹の方へ、そして太ももへと移ってきます。
足を持たれ恥ずかしいくらいに広げられ、Hの目の前に愛液で濡れビショビ
ショになったオマ○コやアナルまでもさらけ出されてさまいます。
Hにそんな所を見られるのが恥ずかしいと思う反面、見られてるとすごく感
じてしまいます。

Hの舌はそれでもオマ○コの周りを舐めたりキスしたり…大陰唇を左右に広
げたり閉じたりされると、オマ○コから愛液が溢れだしてアナルの方まで垂
れてきてるのがわかります。アナルから膣口に向かってその愛液をHはあの
卑猥な舌で舐めあげてくれ、私は喘ぎ声と共に腰をくねらせてのけ反ります。

ようやくオマ○コをHは膣口からクリトリスに向かって、私の愛液を楽しむ
ように舐めてくれます。指先でクリトリスを転がし刺激しながら膣口へ長い
舌を入れたり出したり、たまにべろんと大きくオマ○コ全体を舐めてくれます。
小陰唇を舌先でなぞるように舐めたり口で挟んで引っ張ったり。

乳首と同じようにクリトリスを吸われながら舌先でツンツンしてくれながら
膣口へ指を入れて刺激してくれます。私はこれが一番好きです♪
必ずいつもこれで1回目はいかされちゃいます。
体がビクンビクンしてのけ反り、腰を浮かせてガクガクと震えてイッてしま
うのですが、その姿を見るのが好きだとHはいつも言ってくれたました。

イッた後、放心状態になっている私をHは必ず抱きしめてくれます。
そんなHのオチ○ポに手を伸ばすとカチカチになっているので、今度は私が
してあげます。玉を優しく手で包みながら転がし、もう片方の手でサオを扱く
と我慢汁で濡れ濡れになっていた亀頭の先の穴からさらに我慢汁が溢れてきて
雫になって垂れそうになった我慢汁を舐めます。
先っぽの我慢汁を吸いだすように口を窄めて吸い付くと、Hも少し体をビクン
とさせます。Hが言うには自分は我慢汁が多く出る方ではないかと言ってまし
た。本当に沢山出てくるんですよ♪

お互いがここまで楽しむと、ようやく本番のセックスです。
本来ならコンドームを付けるところなんですが、セックスをするようになって
気がつきました。コンドームをしてセックスした日はあとで痒くなってくるの
です。後で調べてみるとどうやらゴムアレルギーのようでした。
ですから、セックスはコンドームを使用することなくいつもHとは生でセック
スしていました。
最初のうちは外に出してもらっていたのですが、危険日以外は必ずといって良
いほど私の方から中出しを望みました。その時はHの子供なら出来ても良いと
思っていたし、中でHの精液を受け止めることが幸せでした。
そのうち、中に出されたHの精液をわざと残したままの状態でショーツを履い
てしまい、ずっと流れてこないように膣の入り口に力を入れながら気を使いま
す。帰る途中で気を抜いたときに中から主Hの精液が流れ出てくるのを少し快
感としていました。
家に帰ってから、自分のショーツに染み込んだHの精液の匂いを嗅いでHを感
じることも私にとっては幸せな時でした。

ここまでくると変態と思われるのでしょう…でも当時は携帯も無く、家は厳し
く男との電話なども許されなかった。
門限もあり学生の私は21時には家に帰っていなければいけなかったし次にHと
会うときまで声も聞けなかった。
私はHを近く感じることが出来れば本当に幸せだったんです。
今思えば、数年間も中出ししてもらっててよく妊娠しなかったと思います(笑)

危険日の時は外に出してもらってました。
お腹の上にピュッピュッと暖かいのが出されるのも良いのですが、たまにオッ
パイに精液をかけてみたいようでオッパイにも出されたりしてました。
乳首から乳房に生暖かい白くでドロドロした精液が流れていくのを、なんかエ
ッチだな~と思いながら見つめていました。
そんな時はHの精液の雫が垂れそうになってるオチ○ポの先を乳首でツンツン
したり転がしたりしてHの反応を見て楽しんでましたね。


フェラは口が小さく苦手なのですがHが喜ぶので言われたとおりにしてあげて
ました。
玉袋をペロペロ舐めたり、片方ずつ口に含み舌で転がしたり吸ってみたり。
サオを根元から舐めあげたり、カリに沿って舌を這わせて溢れてくる我慢汁
を舌で亀頭全体に塗り広げ、さらに溢れてくるものだから吸ってみたり。
手でサオ扱きながら、もう片方の手で玉を優しく転がし亀頭を口に含み裏側
を舌でチロチロしたり、Hの我慢汁あまり味はしないので抵抗なく飲んでまし
た。少し苦味がある時もありましたがHのものなら何でもOKでした。

生理の時は必ず手と口でしてあげて、「そのまま口に出して」と言って口内射
精させてあげてました。
当時は、味は嫌なのですがHの精液だと思うと平気でしたし、自分から精液を
飲んであげたりもしてました。Hは飲んであげると嬉しいと言ってくれてたの
で飲むことで私も幸せを感じてました。

一度、Hが射精するタイミングと私が吸い付くタイミングとがマッチしたのか
Hのオチ○ポがストローのような感じで精液がジュルジュルって感じに大量に
吸いだされた時があって、口の中に精液が納まりきらず口の横からダラダラと
垂れてしまったことがあります。
射精してる間、手で転がしてたHの玉袋がグニョグニョと動いてたのが印象的
でした。
その時はさすがに大量で飲むことができず、あわててティッシュに出しまし
た。Hもすごく気持ちよかったらしく奥から管を通って精液が吸い出されるの
がすごく分かったらしいです。
その後も何度か二人で挑戦し射精する瞬間に吸い付くのですが、そんなにう
まくいかなかったです。残念・・・

Hとはこんな恋人生活が6年も続きました。


Hとの恋人生活の中で色々な体験をしました。
最初の頃はエッチに大して少し罪悪感があった私も、Hが喜ぶならと
思ってやってきましたが、いつしか自分がHとのエッチな行為を楽し
く喜びに感じるようになっていました。

付き合いだして初めての夏に2人で海に行った時の帰りにラブホテル
に初めて入りました。初めて入るラブホテルは緊張と興奮で2人とも
いつもより感じていたと思います。一緒に広いお風呂に入り、そこで
セックス。お風呂から出てベッドで2回目のセックス。ソファーで3
回目。そのとき初めて立ちバックという体位でしました。ソファーに
両手をつきHにお尻を抱えられ、後ろから突かれるのです。いつも正
常位か騎乗位でばかりしていたので、そうしてる自分たちが淫らに感
じて私はすごく濡れてしまいました。床に愛液が垂れてすごく恥ずか
しかった。

1年後くらいにはカーセックスも体験しました。
一度してみたいとHが言い、人の来ないようなところで車を止めて、
助手席のシートを倒して…ただ、お互いに見られてないか周りが気に
なってしまったのと狭かったことで、そのときだけの体験でした。

大学に通う朝の満員電車でよく痴漢に会うと言うと、Hは遠回りをし
て大学まで一緒に電車にのって毎朝送ってくれました。
痴漢体験はお尻を摩られることがほとんどでしたが、たまにスカート
の中にまで手を入れられたり、酷いときには2人同時に後ろと前と触
られ足を力を入れて閉じて、中の方まで触られないように必死に頑張
ったり。電車からの降り際にオッパイをわしづかみにされて揉まれた
り…本当に嫌でした。
Hが一緒に行ってくれてからは痴漢に会うこともなかったのですが、
ある日、スカートの中に手が入ってきて大胆にもショーツの脇から指
が中に…Hに痴漢と告げると「俺…」って(笑)
私はその時だけは自分から少し足を広げてHにオマ○コを触りやすい
ようにしました。クリを刺激され、中に指を入れられクチュクチュさ
れるとものすごく感じてHの胸に顔を押し付けて声を出さないように
するのが精一杯。私もズボンの上からでしたがHの大きく堅くなった
オチ○ポを摩ってました。
他の人だとあんなに気持ち悪く嫌だったのに、Hだとすぐに感じるほ
ど気持ちよかった。
私がイキそうになったときに電車が大学の駅に到着してしまい、イク
事ができなかった。あのままイッてしまいたかったと思いました。
痴漢ゴッコはその時だけ。して欲しい気持ちがあったんですが、して
欲しいとも恥ずかしくて言えなかったです。

若かったせいもあるのでしょうか?Hとのエッチな行為を楽しみにし
て、頭の中ではこんなことしてみたいなど色々な妄想をしてた時期で
した。ただ恥ずかしがり屋の私はHには何も言えませんでした。

時が経ち2人とも社会人。その頃にはお互いに両親もHと私の仲を公
認してくれてましたが、それでも厳しかった私の家では門限が21時
から22時になっただけ。Hとの外泊なども認められませんでした。

社会人になるとお互い時間もバラバラ、週に数回しか会えず辛い時期
でした。それでも私は時間がある時にはHの家に行き夕食を作り置き
して家に帰ってました。Hが家に帰ってくると家に電話があり(当時
は携帯がなかったので家電です)Hは私の作った食事を食べながら話
しをする。そんなことが多かったですね。
ですから会えたときはHとのセックスに燃えました。そしてHの精液
を私のオマ○コの中に入れたまま帰るという行為を続けてました。
会えない時には、Hを想ってオナニーもしました。この頃が私の中で
一番オナニーした時期だったと思います。

社会人になった年の社員旅行でちょっとした事件がありました。同期
数人で夜の浜辺に花火をやりに行ったのですが、お酒も入ってたこと
もあり自然と2人ずつのカップルのようになったました。
ふと見るとキスしてる2人が居たり、オッパイを揉まれ、服をたくし
上げてオッパイに顔を埋めてる人が居たり…
私が一緒に居たのは同期のO君。O君は同じ部署でもあり同期の男の
子の中でも一番親しくしてきた人です。
いきなりO君が肩を抱いて抱き寄せキスをしてこようとしました。
私は顔を背け拒否しました。ですが頭の中では「私には愛するHが居
る」その反面「皆のこの雰囲気を壊してしまうんじゃないか?しらけ
させてしまうんじゃないか?」色んなことが頭の中でグルグル回って
いたんだと思います。気がつくと太ももにO君の手が、オッパイも服
の上から揉んできます。O君は普段から本当にいい人だったので、嫌
っていう気持ちがあまり無かったのか、たぶん数秒間は触られていま
した。太ももを触ってた手がスカートの中に入ろうとした時に、我に
返って払いのけ立ち上がりました。
「これ以上したら本当に怒るから!」と強い口調で言いました。
O君は「ごめん」と言いその後は何もしてきませんでした。
その夜はHに電話をするはずでしたが、体を触られたという罪悪感で
電話が出来ませんでした。
他の人達はどうなったかと言うと、その後は恋人同士になりました。
きっと私もHという存在がなければO君と恋人になっていたかもしれ
ません。それだけO君も良い人だったということでしょうか。

その後、Hには同期で浜に行っていたことがバレてしまい。それを隠
していたことと、その日に電話をしなかったことで何かしら疑われて
しまってました。浜に花火をやりに行ったことは認めましたが、触ら
れた事だけは言えませんでした。
きっとHは心配するから夜に浜に行ったことは言えなかったと言い訳
をして・・・ずるい女ですよね。
Hもそれ以上は深く追求してこなかったのと、いつもと変わらない優
しいHだったので、Hの心の中ではどう思われてるのかはわかりませ
ん。もしかしたら浮気したと思われてたのかもしれませんね。

その後は同期全員に私の恋人と言ってHを紹介しました。
どうしてそうなったかと言うと、偶然にも仕事の関係でHが私達の会
社に出入りするようになったからです。
O君とHが仲良くなり、複雑な気持ちでしたがO君にも恋人が出来て
ちょっと安心しました。ただHがO君に色々と優しくする姿を見てる
と心が少し痛みました。
ただ、もっともっとHの事が好きになりHとは離れられないと思いま
した。

6年間、Hと恋人として過ごし本当に幸せでした。Hが望むことであ
れば何でもしてあげられると思っていた時期でもありました。
どんなエッチなことでも。恥ずかしいことでもHと一緒ならやってあ
げたいと本気で思っていました。

Hと付き合い7年目に入ろうした時に私はHの妻になりました。

Hとの結婚生活が始まってからの出来事。うる覚えで話も前後する
かもしれません。

無事に結婚式を終えて、その日は結婚式を挙げたホテルに宿泊。
初めてH(主人)と一夜を共に出来る嬉しさ。婚前旅行など許されて
なかった私にとっては、今までにどんなに肉体的に結ばれていたとし
ても、一夜を共に出来るというだけでドキドキしてたと思います。

一緒にシャワーを浴び、狭い湯船に主人に抱っこされるように入りま
した。今までは恥ずかしく明るい所で裸をあまり見せたこともなかっ
た私でしたので、一緒にお風呂に入るのも拒んでいたのですが…
やはり結婚したという安心感と私のすべては主人のものという気持ち
が恥じらいよりも一緒に入りたいという気持ちにしたのだと思います。

後ろからオッパイを揉まれたり乳首を触られ、オマ○コを筋に沿って
指で触られながら「もうヌルヌルしなってるよ」と耳元で囁かれ、お
尻に主人の硬く大きくなったオチ○ポが当るのが妙に興奮させられま
した。その場ですぐに私のヌルヌルになったオマ○コに主人の硬いオ
チ○ポを入れて欲しかったのですが…その時は入れてもらえず終わり
ました。今でもあの時バスルームでして欲しかったと思っています。

6年間も付き合いセックスをしてきたのに不思議ですね。結婚すると
新鮮さが生まれるのと、あれだけエッチな事には少し罪悪感があった
はずなのに、自分からセックスして欲しい。エッチなことしたいと思
ってしまう…そんな自分が居たのだと思いました。

その日はお互いにセックスに燃えました。
都心のネオンが綺麗に見える窓際に手をつき、バックで突かれながら
オッパイを揉まれて喘ぐ私を何処かで誰かが見てるかもしれない。そ
う思うだけで、いつもとは違う快感に襲われました。
主人は夜だけで2回、朝起きて2回もしてくれて、私は何度イッたか
わからないくらいでした。ホテルを出るときにティッシュだらけのゴ
ミ箱が恥ずかしく、袋に入れて持ち帰りました(笑)

新婚旅行は海外に行きました。新婚旅行中も毎晩のようにセックスを
楽しみました。
主人が記念にとビデオカメラを出して撮ろうとしたのを、恥ずかしい
から嫌だと言って拒んだものの、結局は撮られることを承知して主人
が嬉しそうに私の下着姿やオッパイや乳首のアップ、オマ○コを指で
広げられアナルまで丸見えになった姿。
フェラしてる私の顔や主人のオチ○ポが私のオマ○コに入るところ、
入れたり出したりしてるところなど色々と撮られました。
撮られていることが恥ずかしいのですが、その反面ものすごく感じて
しまいました。
今でもそのビデオはあり主人に内緒で見てはオナニーすることもありま
す。

その後は毎日のようにセックスしてました。1ヶ月後くらいには仕事か
ら帰ってくる主人と早くセックスがしたくてたまらなくなり、先にシャ
ワーを浴びて帰りを待ってました。
主人が帰ってくるなり、ついに初めて私から恥ずかしそうに「エッチが
したい」と言葉に出しました。「Mが自分からそんなこと言うのは初め
てだね」と言いながら興奮したようで、私からズボンのファスナーを降
ろし脱がせた時には主人のオチ○ポは大きく硬くなっていて、天井を向
いてビクンビクンと動いてました。
「じゃー、お風呂に入ろうか」と主人が言ったにも関わらず、私はその
場で主人のオチ○ポにむしゃぶりつきました。
主人はビックリしたみたいです。いつもエッチする前はお互いに体を洗
ってからというのが基本だったのですが、洗っていないオチ○ポを私が
口に含んだり舐めたりしたからです。
その頃は主人のオシッコなら飲んでも良いとまで思っていたので、全然
平気でした。

その後、都心から北海道の主人の実家に行くことになりました。
1年後には子供が生まれ、その子が2歳くらいになった頃でしょうか?
その頃には1週間に2、3回のセックスになっていたと思います。

ある日、主人が友人の結婚式に出席し2次会のビンゴで当ててきたもの
がありました。それがローターとバイブ、ローションのセットでした。
幹事がジョークのつもりで色々なエッチなものを用意してたようです。
他の人もコンドームだったり、エッチな下着だったりしたようです(笑)

私も主人も大人の玩具なんて初めてだったので、その夜すぐに使ってみ
ました。私は恥ずかしくて布団をかぶって、下半身だけ主人の前にさら
け出した状態。主人は最初にローションを私のオマ○コに塗りました。
最初はひんやりとした冷たい感じがしてたのですが、主人が触っている
うちに気持ちよくなり、そのうちモーターのブーンという音が鳴り出し
ました。布団をかぶっているので主人がどんな顔で何をしようとしてい
るのかわからない。そんな状況が私をドキドキさせました。

クリトリスにローターを当てたのでしょう。気持ちよいというよりくす
ぐったかったです。それでも堪えてるうちに気持ちよくなってきて、喘
ぎ声を出していました。膣の入り口にバイブが…中に少しずつ入ってく
ると、それは主人のオチ○ポより少し太く少し辛かったです。
中に入りきりバイブの電源を入れられた時には今前に無い感覚に襲われ
ました。気持ち良いような何とも言えない感覚でした。
バイブを入れたり出したりされると気持ちよくて喘ぎ、腰を浮かせのけ
反りました。でもやはり満足できなかったのかイクことができません。
主人はバイブを抜き、「オチ○ポ入れていい?」と聞いてきました。
私は無言で主人に抱きつき主人のオチ○ポを握り、自分でオマ○コに導
きセックスしました。
主人のオチ○ポが入ってきたときに、やっぱりオチ○ポが良いと思いま
した。その時は1分もしないうちに私は絶頂を迎え、それでも主人はま
だのようでそのまま動き、主人がイク時には私は2度目の絶頂を迎えて
ました。

その後の結論として、主人は「バイブはつまらないね」と…(笑)
私も演出効果はあるけど、やっぱり最後は主人のオチ○ポが良いと思い
ました。

その後もバイブなどを使って楽しみましたが、私はバイブについてるク
リを刺激する所?2つの舌のような部分でクリを挟むような感じで振動
する。それが好きでそれをやられると1分もしないでイクことができる
ようになりました。バイブ自体は中に入れないほうが好きです。ロータ
ーもイマイチかな?と思いました。

主人は少しずつアブノーマルな方向に走ってきたのか、
たまにノーブラノーパンで仕事をさせられたり、
裸エプロンして欲しいと言われ
そのままキッチンでセックスしたり。

でも主人が望むことは
してあげたくなっちゃう私でしたし、
私自身も少し楽しんでいたんだと思います。


5年が経った頃、主人がアナルに興味を持ち私にそのことを打ち明けま
した。「アナルセックスをしてみたいんだけど、駄目かな?」
私は「えー!ちょっとそれは・・・嫌かも」と答えました。
私もまったく興味がないというわけではなかったのですが、不潔な感じ
もしたし、とても痛そうなイメージもあったので。
普段でもクンニされる時などアナルを舐められたりするんですが、いく
ら綺麗に洗った後でも主人にそんな汚いところを舐められることに抵抗
があるくらいでした。

主人は私が嫌がることは強要しない優しいところがあるので、それから
は何も言ってこなかったのですが、それがあまりにも意地らしく愛おし
く思った私は数日後に「アナルそんなにしたいの?恥ずかしいけどHが
したいのならしても良いよ」と言ってあげました。
Hは「本当にいいの?」と子供のように喜んでいました。それを見て私
も心からアナルを許す気になりました。

その夜からアナル調教が始まり、最初はアナルを舐められたりアナルの
周りを指で刺激され、そのうちローションをたっぷり付けて指を少しず
つ入れたり出したりされました。そうされながらオマ○コを舐められた
時、すごく気持ち良かった。初日はそこまででした。

次の日は主人が座り対面するように主人にまたがり、オマ○コにオチ○
ポを挿入されながら、アナルに指を入れて刺激されました。
オマ○コとアナルと入れられてるせいか、すこしキツく感じました。
私がイク時にはアナルに入っている指を激しく動かされ、初めて味わう
快感を体験しました。アナルから頭のてっぺんまで電気が走るというか
、体中が性感帯のような感じになっていました。
あとから聞かされた話ですが、最後の方はアナルに2本の指を入れられ
てたらしいです。気がつかなかった…

そんな日が何日か続き、ついに主人のオチ○ポをアナルに挿入する日が
きました。充分に愛撫されたあとに主人のオチ○ポの先が私のアナルへ
当てがわれ、オチ○ポの先でアナルを円を書くように擦り、ゆっくりと
中へ入ってきました。思いのほか痛くは無く徐々に奥へと入ってきて、
ついにオチ○ポの根元まで。主人は私が痛くないようにゆっくりと動い
てくれて、指で私のクリトリスを愛撫してくれました。
アナルの中が熱くなってくるのを感じ、オマ○コからは恥ずかしいくら
い愛液が溢れ、オチ○ポが入っているアナルへ垂れて流れていくのがわ
かりました。主人は「すごく締まってキツくて気持ち良いよ。もうイキ
そう、中に出すよ…」と言ったかと思うと私のアナルの中に精液をいっ
ぱい出してくれました。出された時は私も頭の中が変になった気がして
喘いでしまったのを覚えています。
主人がゆっくりとオチ○ポを抜くと、アナルから白い精液が垂れ流れて
きたので、慌ててアナルに力を入れて締めティッシュで抑えてトイレに
行きました。

戻ってくると主人は嬉しそうに私を抱きしめて、手でオマ○コを愛撫し
てくれて、私もすぐに絶頂を迎えました。
「痛くなかった?」と聞かれ「意外と平気だったよ。少し感じちゃった」
と私は答えました。

それから、たまにアナルセックスをしたり、アナルにローターを入れな
がらセックスをしたり。今までとは違う快感を覚えました。

アナルに主人のオチ○ポを入れながら、オマ○コにバイブを入れてみたり
もしましたが…ただこれだけはバイブが太めなせいかアナルとオマ○コ同
時に入れられるとキツくて、少し痛たかったので1回きりでやめました。

いつかアナルだけで私もイクことが出来るのかな?と思っていましたが、
結局は無理でした。やっぱりオマ○コがいいです♪

数年後、2人目の子ができた頃から少しずつ主人との性生活が減ってい
きました。私が子育てに忙しくなったのと、家業の方が主人の親が退いて
主人主体で働くようになったために、時間などのすれ違いも多く自然となく
なっていった感じです。

そして結婚して16年目の昨年に、ある出来事が起きるのです・・・


相変わらず長いです…そして文章も下手です。
読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。

結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。
主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。
主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに
主人もほとんど求めてこなくなりました。
私としても、まったく性欲がないわけでもありません。そんな時はオナニーで済ましてしまいます。
その方が楽だったのです。

そんな中、同窓会のお知らせが来ました。小学6年生の時の同窓会です。
ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵抗あり恥ずかし
いと思いましたが…
連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもは
ハゲにデブばっかりだよ(笑)」
今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」
そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に
旧友に会いたくなりました。

そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から
見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…
私は「気持ち悪いこと言わないで!」と少し嬉しかったのと恥ずかしさを
隠すように怒り口調で言いました。
「じゃー参加にしようかな。みんなおじさんにおばさんだよね」
そう言って参加の連絡をすることにしました。

現在、北海道に居る私は同窓会のために都心へ帰らなければいけないので
せっかく帰るならと同窓会のある一週間前から実家へ帰ることにしました。
行く日が近くなるにつれ主人は「行かせたくないな」「同窓会での浮気っ
て多いらしい」そんなことを言い出しました。
何を言ってるのだろうと私は少しイライラした感じで
「40過ぎのおばさんに誰も興味示さないよ」
「私が浮気すると思ってるの?なに考えてるの?」
と少し冷たく言いました。

当然、私自身もそんなことはあり得ないし、主人以外の人となんて考えた
こともありませんでした。
ただ、今思えば少し何処かで何かを期待していたのかもしれません。
出席するためのスーツを買った日にレースののピンクで可愛い下着も買っ
てました。

実家へ帰ってきて、今でもたまに連絡を取り合ってる女友達Sちゃんと同
窓会の前に会おうということになり夜に待ち合わせをし飲みに行きました。

Sちゃんと飲みながら昔話で盛り上がっていると、そこへ幹事のY君がや
ってきました。Sちゃんが「Mちゃん帰って来てるよ」と誘ったそうです。
さらにY君が他にも声を掛けようと連絡を取りO君とI君も合流。
確かに男の人3人ともすこしハゲててお腹も出てるおじさんって感じでし
た。それを考えると私の主人はカッコイイかもと思いました(笑)
ちなみにSちゃんとY君とO君とは高校まで同じでした。

Y君「Mちゃん太ったって言ってたけど全然だよ。うちのカミさんは化け
   たよ。見られないくらい(笑)」
私 「そんなこと無いよ。お腹なんて見せられないくらい」
I君「えー、それなら見せてみてよ。俺とどっちが出てるか比べよう(笑)」
O君「高校のときに比べるとMちゃんオッパイ大きくなったね。同窓会で
   みんなの注目だよ。きっと(笑)」
Sちゃん「そうだよねー大きい。私は小さいから主人が文句言うよ。パイ
     ズリ出来ないって(笑)」
私 「・・・Sちゃん、酔ってるぅ?(苦笑)」
Sちゃん「Mちゃんのオッパイ、私に分けて~」

そう言って、私のオッパイを揉みだすSちゃん
確かに私は体の割にはオッパイが大きいかもしれません。主人と付き合い
始めた18才の時はBカップ。結婚する頃にはCカップ。
1人目の子供が出来てからはDカップ。2人目が出来たときにはEカップ
になっていました。アンダーは変わっていないので乳房だけが成長し続け
た感じです。

Y君「Sちゃん、エロモード入りました!(笑)」
O君「Mちゃん、引いてるじゃん」
Y君「Sちゃん、飲むといつもエロくなるんだよ(笑)」
I君「でもほんとMちゃんのオッパイはそそられるわ俺にも揉ませて(笑)」

そんな時にSちゃんが私の服の胸元を引っ張りました。
私は慌てて抑えたのですが…

Y君「おぉー!いいもの見せてもらった!」
I君「谷間しっかり見させていただきました!俺の挟んでもらいてぇー(笑)」

3人ともギラギラとした目でわたしのオッパイに視線を向けていました。

私も場の雰囲気もあったのでしょう。
私 「I君、挟んであげようか?でも主人専用だから駄目ー!(笑)」
I君「えー!旦那のいつも挟んでるの~?」
私 「いつも主人の挟んであげてます(笑)」
Y君「羨ましい。Mちゃんにパイズリしてもらえるなんて旦那は幸せ者だな」
O君「俺してもらったこと無いから羨ましいわ」
私 「いや、冗談だから~」

そんなことを言ってるときにドサクサに紛れてI君が私のオッパイを指で突き
ました。何故か私はその時、気がつかなかったふりをしてしまいました。
何気なく横に座っていたI君の股間が視界に入ったのですが、スラックスの
上からでもわかるくらいに勃起していました。

そんなことを笑いながら冗談ぽくしていたので、飲んでる席ということもあり
そんなにいやらしいとも感じませんでしたし、年齢的なものもあるのでしょう
か、意外と平気で猥談に盛り上がってました。

その日は0時近くまで飲んでいたので、みんなも明日は仕事ということもあり
そのまま解散となりました。

同窓会当日、深い意味も無く新しい下着を着けてスーツを着て出かけました。
会場は某ホテルで2次会も同じホテル内でした。

さすがに小学の同窓会となると誰が誰だかわからない状態です。
30人ほど集まりました。そんな中で知ってる顔といえば、前もって会った3人
とSちゃん。すぐに皆は合流。そこにI君と仲がいいT君、Sちゃんと今でも
付き合いのあるAちゃんも加わり7人で昔話やそ後の話や旦那や奥さんの話、
子供の話で盛り上がりました。

2次会もほとんどの人が参加し、中学まで一緒だったE君も仲間に加わりその
頃には8人ともみんなも酔った勢いで何でもありの会話。
この歳になると夫婦の仲は冷めるとか、夜の生活も全然ないとか。
誰々が不倫してるとか色んな話になりました。
私も調子に乗って、主人しか知らないなど話していました。

そんな中、SちゃんとY君がなんとなくいい雰囲気に…それを見ているとI君
が「あの二人、たぶん出来てるんじゃないかな?たまに2人で会って飲んだり
してるって聞いてたけど、飲んでるだけじゃない気がする(笑)」
そんなことを言っていました。

2次会もお開きということで、8人とも名残惜しいというのもあり3次会に流
れることにしたのですが、I君とT君が今日は泊まっていくつもりだったので
ホテルに部屋を取っているから部屋でやろうということになりました。
みんなでお酒などを買いに行き、部屋に行ったのですがツインでありながら、
けっこう広めの部屋でした。
3次会が始まって30分もしないうちにAちゃんに電話。どうやら旦那さんが怒
ってるみたいということで帰ることになりました。Y君が駅まで送ってくると
一緒に出て行きました。
私、Sちゃん、I君、T君、O君、E君の5人で飲んでいるうちにSちゃんに
対して男の人たちがはやし立てるように猥談に…
Sちゃんも調子に乗って、みんなのオチ○ポを触りだしたり、握っってみたり。
「あー!硬くなってる~」とか笑いながら言っていました。
男の人たちは特に悪乗りすることなく紳士的に笑って流してました。
そしてSちゃんの暴露話。やっぱりY君と関係を持ってたみたいです。

その時、私は主人のことを考えてました。何してるかな?とか。
するとSちゃんに電話。どうやらY君からのお誘いの電話だったみたいです。
Y君はAちゃんを送りに出たのをきっかけに、そこからSちゃんと2人で抜け
出すつもりだったみたい。Sちゃんは嬉しそうに出て行きました。

私も女性が一人も居なくなったこともあり帰ろうと思いました。
すると「花が無くなるのは寂しいから、もう少し付き合って」とか「久々に北
海道から来たんだからゆっくりして行け」とか皆に止められました。
私もさっきSちゃんが悪乗りしてても紳士的に振舞っていた人たちだったし、
もと同級生という安心感で、もう少し残ることにしました。

そのうちお酒が無くなりT君、O君、E君で買いに行くことになりました。
残ったI君と私は北海道の話など普通に話していたのですが、急に酔いがまわ
りだしたのか具合が悪くなってきました。
I君は心配してくれている様子で洗面所に連れて行ってくれて背中を摩ってく
れたりしました。
それでも頭の中がグルグル回るような感じで、体にも力が入らないような感じ
で座り込んでしまいました。I君は私に肩を貸してくれて取りあえずベッドへ
横にしてくれました。
意識がもうろうとしている中で、I君が「少し楽にするといいよ」と言いなが
ら上着を脱がし、ブラウスのボタンを2つほどはずしました。
完全に胸の谷間が見えていると思いながらも「いや」と一言言うのがやっと。
とにかく辛かったです。
いつの間にかI君が私の後ろに。私の上半身を抱き上げ自分に持たれ掛けさせ
、オッパイを下から上に持ち上げるように揉んできました。
体に力が入らない私はされるがままで「いや、やめて」と声にならないくらい
の小さな声で言いましたが、今度は残りのブラウスのボタンを外しはじめまし
た。I君は「楽にしようね」と耳元で言いながら外します。
ブラウスから私のピンクのブラジャーで覆われたオッパイが丸見えです。
私は抵抗しようと体を動かすのですが、力なくクネクネと動かせる程度でした。
お酒に何か入れられた?その時にそう思いました。

ブラウスを全部脱がされ、スカートのフォックを外ずされファスナーを下ろされ
掛けたときに買い物に行っている3人がワイワイと話しながら帰ってきました。
私は「助かった!」と思い「助けて」と言ったのですが、帰ってきた言葉は…

T君「なんだよーI!一人で勝手に始めてるしぃ勝手に始めるなよって言ったの
   に!」
O君「順番はジャンケンで決めるって言ってたじゃん」

E君「Mちゃんのオッパイほんとにデカイ!やばいよ我慢できないよ!」

I君は私のオッパイを揉みながら、「取りあえず脱がせちゃおう」そう言ったか
と思うと、男4人が私に群がりスカートを脱がされストッキングも脱がされ、下
着だけの姿にされました。
I君「Mちゃん、下着に気合入ってるね。もしかして期待してた?(笑)」
私はこの状況に恥ずかしさと男4人という怖さとで何も言えず顔を伏せるのがや
っとでした。

T君が私の両足を無理やり広げて「レースのパンティーから毛が透けてるのって
そそられるね」そう言ってじっと見つめています。

I君「まぁ~じっくり楽しもうよ。Mちゃんも楽しんじゃえばいいんだよ。同時
   に男4人なんてめったにないよ」

そういってブラジャーを外しました。わたしのオッパイが男4人の前にさらけ出
され、その瞬間に男4人が「おぉー!」と歓声をあげます。
手で隠そうとするのですがI君が腕を押さえつけます。

私は泣きながら「やめて、お願い」と言うのですが笑いながら「柔らけぇ」とか
「すげー!」とか声を上げながらオッパイを揉んだり乳首を摘んだり引っ張った
りして聞いてはくれません。
ただO君が「Mちゃん、ごめんね」と言ってたのを覚えています。

私はこれからされることを思いながら主人に申し訳ないという気持ちでいっぱい
でした。ですが心では嫌で反抗したいと思っているのですが、体は反応してしま
います。乳首を指で転がされたり引っ張られるとビクンとしてしまいます。
「乳首立ってきたから感じてるんじゃない?」「コリコリしてきた」そんな言葉
を言われると恥ずかしさで余計に感じてしまいます。
I君とE君が私の乳首を舐め始め吸ったり、たまに噛んだりされると、気持ちで
は気持ち悪いと思いながらも「あぁ~」と喘ぎ声が出てしまいます。
そうされていると股間に何かを感じました。

T君がショーツの上からオマ○コのたて筋に沿って指を動かしているのです。
O君は私の内股を摩っています。そのうちT君の指の動きが激しくなり、強く
割れ目に指を入れてきます。たまにクリトリスに擦れるとやはり体が反応してし
まいビクンとなります。
T君 「なんか湿ってきたよ・・・Mちゃん感じてるんじゃない?」
O君が鼻息を荒くして私のオマ○コに顔を近づけます。
T君 「O、女性経験少ないんだろう?Mちゃんのオマ○コ早く見たい?」
と言いながらショーツの脇に指を掛けてずらし、私の濡れたオマ○コをO君に見
せて喜んでます。
見られているかと思うとオマ○コが熱くなってきます。
そして、T君が「そろそろ脱ごうか!」と言ってショーツに手を掛け下ろしました。
「すげー!濡れ濡れ!」とT君。
O君は「感動!Mちゃんのオマ○コ毛が薄いから丸見え。うちの奴なんか毛深くて」
T君「旦那だけしか知らないせいかオマ○コも綺麗じゃね?」
そう言うと、乳首を吸っていた2人が「どれどれ」と言いながら私のオマ○コを覗き込みます。

元同級生である男4人に主人と産婦人科の先生にしか見せたことのないオマ○コ
を見られてると思うと恥ずかしさでいっぱいでした。
両足と両手を押さえられ、それでも腰をクネクネと動かし抵抗するのも空しく、
オマ○コを広げられ、じっくりと4人に見られてしまっています。
「クリトリス小さいね」「ビラビラも小さいよ」「これ尿道?」「穴も小さくね
?」「お尻の穴綺麗だね」恥ずかしいことばかり言われます。
そして皆が全裸になり、私の前に4人のオチ○ポが…主人のしか見たことがなか
ったのですが、このとき正直気持ち悪い、汚いとしか思えなかったです。

T君が「記念撮影だ」といい他の3人で私を押さえつけ、両足を広げられた姿を
スマホのカメラで何枚も撮られました。
それを私に見せ付けて「よく撮れたよ。ネットに公開しちゃう?」と笑いながら
T君は言います。
見るとオマ○コもアナルも丸見え。顔は伏せたのですが私を知っている人が見た
らすぐわかってしまうような画像です。

I君が「嘘嘘、公開なんてしないよ安心して。Mちゃんもここまで来たら楽しもうよ。ね!」

その言葉が私には安心ではなく脅迫に近いものに感じられました。
言うとおりにするしかない。反抗しても無理。ここまできてこれ以上何もされな
いなんてあり得ない。諦めに近い気持ちでいっぱいでした。

それからは、私の体中を4人の男が触ったり舐めたり。それでも最初は無駄な抵
抗を試みていましたが、徐々にわたしも抵抗することを止め、されるがままにな
っていました。常に主人のことが頭に浮かび自然と涙が流れてました。
主人の優しい顔。言葉が頭の中を駆け巡ります。そんな状態なのに…体は感じは
じめるのでした。

意識が少しずつはっきりして来て現実に戻ってその光景を見ると男4人が私の体
を弄んでいます。体の感覚も戻ってきました。
そうすると体の感覚がはっきりしてきて、4人の愛撫が感じてきてしまうのです。
オッパイを揉まれながら両乳首を舐められ吸われ、オマ○コを舐められ、クリト
リスを吸われ、お腹や足を摩られ舐められ…その光景と感覚が一気に私を襲い、
絶頂に達してしまいました。きっと大きな喘ぎ声を出していたのだと思います。

「Mちゃん、エンジンかかってきたね」
「これからが本番だよ。もっと楽しもうね」
「あの真面目だったMちゃんのこんな姿見れると思わなかった」
「すげー感じまくってるなー、本当は淫乱だったとか?」
「Mちゃんとこんないい思いできると思わなかった」
「ゴム買ってきただろ?」「あ、忘れた・・・」
「まじか!今更だよなー生でしちゃう?外だしでさー」
「ウェットティッシュはあるんだろう?」「3個パック買ってきたから!」
「妊娠させちゃまずいしね」
「じゃんけんしようぜ」
「最初はグー、じゃんけん・・・」

そんな4人の話声を聞いていました。
みんな計画的だったんだ。セックスされちゃう。私って馬鹿だと思いながら絶頂
に達した私の頭の中は徐々に白くなっていくようでした。

そんな状態のわたしの手に何かを持たされます。硬くなったオチ○ポです。
両手に持たされました。私は何も考えずそれを握り扱きました。
I君がオチ○ポを私の顔の前に持ってきて「しゃぶって」と言ってきました。
見ると主人よりも毛深く黒くて汚いオチ○ポ。先が我慢汁でテカテカになってい
て我慢汁の雫が今にも垂れ落ちそうになっています。
私は思わず「嫌っ!」と言って口を硬く閉じました。
I君は「そんなこと言わないでさー」そう言いながら私の口元に我慢汁のついた
オチ○ポをグリグリと押し付けます。

それと同時にオマ○コに何かが当り、はっ!と見るとO君がオチンポを私のオマ
○コに挿入するところでした。慌てて足を閉じようとしましたがO君のオチ○ポ
が抵抗もなく中に入ってしまいました。それだけ私も濡れていたのです。
その瞬間に他の男達が「貫通おめでとう」とはしゃぎました。
私が主人以外の人のオチ○ポを受け入れた瞬間でした。悲しいとか嫌という気持
ちよりも主人以外のオチ○ポが入っていることに逆に興奮してたのかもしれません。

O君が動かしながら「Mちゃんの中、変だ。何か動いてるみたい」そう言いなが
ら無心にピストンを続けます。奥に当るたびに私は苦しい声をあげてしまいその
瞬間を狙ったかのように、少し開けてしまった口にI君の我慢汁だらけのオチ○
ポが入ってきました。慌てて口を離そうとする私の頭をI君は押さえつけ、「さ
っきのオマ○コ全開の写真、ご主人に送ってみる?」と…
私は観念してI君のオチ○ポを受け入れました。我慢汁の変な味がしました。
主人の我慢汁は全然嫌じゃなく、むしろ好きなくらいなのにとても嫌でした。

O君に突かれながらI君のオチ○ポをしゃぶり、両手でT君とE君のオチ○ポを
握ってしごいてる。。。もう悲しい、怖い、嫌だ、汚いそんな感情は無くなって
いました。

そのうちO君は「うぅ」っと言うと果てました。しかも私の中に白い精液を大量
に注ぎ込みました。
皆に「中出しはやばいだろ!」「中出しするなよな!なに考えてるんだ」
「Mちゃん妊娠したらどうすんの?馬鹿か!」
「だからお前が一番は駄目なんだって」
色んな罵声をO君は浴びせられ「ごめん」と言いながら私のオマ○コから溢れ出
る精液をティッシュで一生懸命拭き、中に指を入れて掻き出していました。
元々O君は4人の中でも気が小さく優しいところもある人だったので、みんなに
責められているO君が可愛そうに思えました。
ついつい「もうそろそろ生理だから大丈夫だと思う」と私はポツリと言ってしま
いました。
みんなは「え、そうなの?なんだ大丈夫なのか」「マジで心配したわ、Mちゃん
妊娠させちゃったらどうしようかと思った」と言ってました。
その時、私は一応そんな心配はしてくれるんだ。根っからの悪じゃなかったのか
と少し思ってしまいました。
「ってことは中出しOK?Mちゃん中に出してほしの?」とニヤニヤとI君。
「Mちゃんから中出しOKでましたー!中に出して欲しいそうです!」とT君。
「確かに今の発言は中に出して欲しいと取れるねーMちゃんも好きだなー」とE君。
ゴムアレルギーで使われると数日間も歩けないくらいにオマ○コがかぶれてしま
う。そんなことは言えないし…
私は無言でいました。

冷たい感触がオマ○コや周りに感じました。ウェットティッシュで拭いてるよう
でした。休む間もなく、E君とT君がまた私の体に触れ愛撫してきました。
抵抗もせず愛撫されるのに身を任せ感じてしまっていました。

次に挿入してきたのはI君でした。落ち着いて行為を受け入れてみると色んなこと
を考えていました。
I君のオチ○ポはキツク感じるけど奥に当らない。太くて短いのかな?とか、O
君のは奥に当ってたよな?長いのかな?O君の精液残ってるのに嫌じゃないのか
な?とか…

I君に突かれながら、T君のオチ○ポをしゃぶり右手にはE君のを握って扱いて
いました。O君は控えめに私の左オッパイを触っていましたが、T君が「駄目だ
くすぐったい」と自分から離れ「O、お前また大きくしてもらえ(笑)」とO君
と交代しました。O君は果てたせいでオチ○ポがだらんと垂れ下がり小さくなっ
ていましたがオチ○ポの先からは精液の残りが垂れそうになっていました。
そのオチ○ポを私の口元に持ってきて「お願いします」と一言。
えいっ!という気持ちで精液が付いているO君のオチ○ポを咥えました。
主人が望んでもお掃除フェラなんてしたことがなかったのに…
精液が嫌ということではなく自分の中に入っていたオチ○ポをしゃぶるのに抵抗
がありました。それよりも主人にそんな女と思われるのが恥ずかしく嫌で拒んで
いたのかもしれません。

O君のオチンポは最初はくすぐったがってたけど、すぐに私の口の中で大きくな
りました。やっぱり長いです。でも細いかな?
変な味もしました。O君の精液と私の愛液が混ざった味なのでしょうか?
それともウェットティッシュの味?
I君も「Mちゃん締め付けるわ!ほんとに中が動いてる」そう言いました。
他の人は「Mちゃん名器なんじゃないの?」そんなこと言ってました。

確かに主人も同じ事を言ってました。中が気持ち良い。すごい締め付けて痛いく
らいですごく良いって。昔はよく主人が中に挿入して動かず、私が中を動かした
り入り口を締め付けたりして主人が喜ぶようにしていました。
主人も「絶対できないけど、出来ることなら他の男にも試してもらいたいくらい
Mのオマ○コは気持ち良い」そう言ってくれていました。

I君がイクときにはお腹に出しました。「失敗、オッパイに出したかったのに」
とか言いながら。自分の精液をきれいにした後、I君は「ちょっと休憩」と言っ
てソファーで私と男3人が絡んでいる様子を眺めていました。

次はT君で私のオマ○コの周りをオチ○ポの先で愛撫しながらゆっくりと入れて
きました。焦らすタイプなのでしょうか?ただ入れてから1分しないで果てたと
思います。T君も私の中に精液を注ぎました。
言い訳なのか「Mちゃんのオマ○コ本当に気持ちよすぎてイッちゃったよ」そん
なことを言ってました。
私はほとんどT君のセックスには感じることもできず、それよりもE君やO君の
愛撫の方が気持ち良かった気がします。

最後はE君なのですがT君の精液が思ったよりも多く、私のオマ○コから掻き出
しても次から次へと出てくるようで、「早くしろよ」と言われながら必死で時間
を掛けて綺麗にしていました。
綺麗にしてる間、私はクリトリスに当るたびに腰をビクンと持ち上げE君の乳首
を引っ張ったり、オッパイを強く揉まれると感じてしまっていました。
O君はオチ○ポから我慢汁を垂れ流し、私の左乳首にそのオチ○ポ先を擦り付け
て気持ちよさそうにしていました。

E君がわたしのオマ○コを愛撫してクリトリスを責めてきます。しかもアナルの
入り口も指で愛撫するのです。「お尻はやめて」という私の言葉など無視するよ
うに両手を使って。それと同時にT君とO君が体中を触りクリ派の私はE君が挿
入する前に2度目の絶頂を迎えてしまいました。
私のオマ○コもまた濡れ濡れになり、最後のE君は挿入してきました。
イッたばかりの私のオマ○コに入れて激しく動きます。私はわけのわからないま
まにすぐに3度目の絶頂に達しようとしていました。
「いやいや、イッちゃうー。いやいや!」と声を上げてしまい3度目を迎えました。
E君も「すげー締まる、Mちゃん気持ちいいわ」と言うとすぐに「イク!」と言
ってオチ○ポをオマ○コから抜き私の顔に精液を掛けました。

周りからは「お前、AVの見すぎ!」と言って笑っていました。
E君は「うちの奴は顔射も口内射精もさせてくれないんだよ」
そんなことを言っていました。
私は口を硬く閉じ、目つぶりました。生温かいものが顔にかかり主人のとは違う
臭いにおいがしました。精液まみれのオチ○ポの先を私の頬に擦り付けているよ
うでした。さらにE君は精液を指で掻き集めながら、私の口の中に無理やり入れ
ようとしましたが私は首を振って嫌がりました。それでも少し口の中に入ってし
まい慌てて出しました。
その後、諦めたのか。ティッシュとウエットティッシュで顔を拭いていました。

T君もE君も疲れたのかI君と同じくソファーの方へ休みにいったのでしょうか?
お酒を飲みながら3人で何か話しては笑っていました。

3度も絶頂を迎えぐったりとしている私にO君がまたがってきました。
「Mちゃん、パイズリしていい?」そう言いながらオッパイの間に再び大きくな
ったオチ○ポを挟み、両脇から私のオッパイを寄せて動かします。
とても気持ちよさそうな顔をしながら必死に動いてましたが私は何も感じず、そ
うしているうちに主人のことを考えてしまいました。すると自然に涙が出てきて
泣いてしまいました。
それを見て、O君はパイズリを止めました。オッパイの間はO君の我慢汁でヌル
ヌルになっていました。きっと私がパイズリされているのが嫌だとおもったので
しょうか?自分でオチ○ポを扱きながら、私の乳首に先を擦り付けて、私の乳首
に射精しました。私も少し感じ乳首を立たせていました。生温かいO君の精液が
オッパイから垂れ流れるのを見ながら、私はO君のオチ○ポを握って精液を搾り
出してあげ、そして口で精液を吸いだしてあげました。O君も私がする行為に少
し驚いていました。
気弱な感じが同級生なのに年下に見えたことと、何か私に気を使っていることが
他の3人とは違うように見え、ほかの人より少し良い気持ちにさせてあげようと
何故か優しくできました。O君の精液はそんなに嫌じゃなかったです。
でも、主人の精液ほどでもないですけど…

4人とも休憩に入ったのか、私はそのままにされO君がシーツを上に掛けてくれ
ました。シーツに潜り込み主人のことを想いながら泣き、私は寝てしまいました。

30分くらい寝たのでしょうか?起きると4人はソファーともう一つのベッドで寝
ていました。私は今がチャンスと思い静かにシャワーを浴びにいきました。
体のあちこちが精液なのか我慢汁なのかカピカピになっていて気持ち悪かったで
す。シャワーで念入りに洗いました。とくにオマンコは中まで指を入れて洗いま
した。たっぷりとボディーソープを使い体を洗い、髪の毛も洗いながらさっきま
でのことを考えていました。

本当にあったことなの?主人しか知らかった私が一日で4人とセックス。
わずかな時間に4人のオチ○ポを受け入れて感じてしまった。
主人以外の男の人を初体験、同時に複数プレイも初体験したしまった。
抵抗をやめたのは撮られた写真を言い訳にしてるだけで、自分にはそういった願
望があるのでは?嘘のような出来事と主人への罪悪感に襲われていました。
とにかく、早く体をきれいにして帰ろうと思いました。

綺麗に洗い終わり、最後にシャワーで流している時に突然扉が開きT君とI君が
入ってきました。その日はこれで終わりでは無かったのです…


悲劇はこれで終わったと思っていたのに…

シャワーを浴び終わる頃、いきなりドアが開きI君とT君がニヤニヤしながら
「Mちゃん!」と言いながら入ってきました。
私は無意識に腕で胸を隠し、手で下半身を隠すと、T君が「今更、なんで隠し
てるの?」と言いながら私に歩み寄り手を掴んでどかしました。

私 「私出るから!」
T君「いいじゃない一緒に浴びようよ」
私 「もう終わったから出る」
I君「いやいや・・・」

そう言ってI君は出入り口をふさぎ、T君は私のおっぱいを揉みながら指で乳首
を弄びながら、「Mちゃんのオッパイほんとに大きくて気持ちいいね」
そう言って私が出ようしているのを止めようとします。

I君「Mちゃん、相談があるんだけど」

私はにらみ付けるような顔で怒り口調のように「なに?」と言いました。

I君「Tとも話したんだけどさ、俺達Mちゃんにレイプじみたことしたくないん
   だよ。俺達としてもさっきみたいなのは不本意なのさ。泣かれながらして
   もねー」

充分レイプでしょ今更なに言ってるの!?と思い、また怒り口調でいいました。

私 「じゃー、もう帰して!」
T君「まだ帰すわけにはいかないよ。だから相談って言ってるよねー」
私 「何?相談って!」
I君「もう色々して裸の仲なんだからさ、お互いに楽しまない?今更でしょ~」
T君「そうそう。Mちゃんも感じてたでしょ。旦那以外の味わえて良かったんじゃ
   ない?一回も二回も変わらないんだし。今日は無礼講ってことで」
私 「はぁ?何言ってるの?すごく嫌だったし!感じなかったし!」
T君「まぁまぁ、それはいいとして相談ってのはさ、Mちゃんのオマ○コ全開の
   写真をさ全部消すからその代わりに俺達とのセックスを楽しもうよ。Mちゃ
   んもその気になってエッチなこと楽しんでくれたら写真全部消すし、今日だ
   け旦那さんのこと忘れて俺達とのセックス楽しんで感じて欲しいんだけど」
私 「消すとか言って本当は消さないんでしょ!」
I君「マジで消す、消す!全員のスマホMちゃんが納得行くまでチェックしてもい
   いよ。そのかわりMちゃんも積極的に俺達と楽しむってことでさ?どう?」

私は色々考えました。こんな人たちとのエッチを楽しむなんて…でもあんな写真が
存在すること自体嫌だし…演技でもしてその気になったふりすればいいかな?確か
に今更自分の身を守ったところで主人以外の男とセックスし主人を裏切ったことに
代わりは無い。そんなことより、こんなことがあったという写真が存在することが
問題だよね…そんなことを考えてました。

私 「あんた達、こんなことしょっちゅうやってるの?犯罪だよ!」
I君「やってないよ!こないだの中学の時の同窓会でTと3Pしたのが初めてでさ、
   その時は女のほうがその気になってて勢いで3Pしたって感じでさ!この前
   Mちゃんに会ったじゃない。Mちゃんの清楚な雰囲気と体を見てたらやりた
   いとは思ったんだけどね。正直、こんなことまでしてやろうとは思ってなか
   った。ほんとだよ!」
私 「でも計画的だったでしょ!お酒に何か入れたんでしょ?色々準備してたみた
   いだし」

そう言って色々と聞きました。
話によるとお酒にはI君が病院で処方されていた睡眠薬を砕いて混ぜたってこと。
睡眠薬を使ったのは初めてで、正直どうなるかわからなかったこと。
最初は本気でレイプするつもりはなく酔わせていい気分にさせて同意の下でエッチ
を楽しめたらって程度だったこと。
万が一そうなったらってことでコンドームとウェットティッシュを買いに行ったこ
と。
I君が欲望を抑えられなくて暴走し、他の人たちも私のブラウスからこぼれ出たピ
ンクのブラジャーに覆われた大きなオッパイとスカートがはだけてストッキング越
しに見えたピンクのショーツを見て我慢できなくなってこんなことになった。
そう話しました。

その時は、とにかく写真を消してくれることが私にとってはどうしても大事なこと
だったので二人の提案にのることにしました。

私 「わかった。本当に消してくれるんだよね?」
T君「Mちゃんが積極的にしてくれるなら間違いなく消すよ。なぁI」
I君「疑うならシャワーから出たら、すぐ消してもいいよ」
私 「本当だよね?信用してもいいんだよね?」

そう言うと、二人は真剣な顔でうなずきました。
その二人の言動や様子を見て同級生でまったく知らないわけでもないし信じること
にしました。その気になってる演技でもしてればいいのだと私も決心したのです。

I君「じゃーMちゃんも納得したところで、洗いっこしようか」
T君「いいねー(笑)」

そう言ってボディソープを自分の体と私の体に付け、二人の4本の手で私の体中を
さわり洗います。その手はいやらしく優しく私のオッパイやお尻、オマ○コを洗い
ます。

I君「Mちゃんも俺らの洗ってよ」

そう言って私の手を自分のオチ○ポに持っていきました。私も自分から積極的にし
ないとと思いI君とT君のすでに大きくなっているオチ○ポをしごきながら洗い、
玉も優しく手で包むように、そしてそのまま後ろの方に手を持っていき、アナルも
綺麗に洗ってあげました。
シャワーで泡を流し終えた頃にI君がフェラをしてくれと要求してきました。
私はひざまずき、I君のをオチ○ポを右手に握りフェラを始めるとT君も私の左手
にオチ○ポ握らせ「俺のも」と言いました。
両手にオチ○ポを握り、交互に口で奉仕しました。T君のオチ○ポからは我慢汁が
出てきて口を離すと糸を引いていました。
I君が「同時にしてみる?」と言い、二人のオチ○ポを口元に持ってきました。
ただ私は口が小さく、同時に咥えることが出来ないので舌を出して二人のオチ○ポ
の先を舐めながら、二人の玉袋を手で包み転がしてあげました。

I君「Mちゃんのこんな姿、旦那さん見たらどう思うかな?」
T君「よだれ出しながら2本のチ○ポ舐めながら、玉転がしてるMちゃんの顔いい
   ねー。すごくエッチで」

そんなことをわざと言います。私は何も聞こえないように振る舞い我慢汁の味が嫌
なのと口の中に入ってこないように、唾液を流しならがしてるだけだったんです。

だんだん私が疲れてきたのわかったのか、I君が私を抱きかかえ立たせながら、
「ちょっとここに座って」
と湯船のふちに座らせ、私に両足を広げろと支持をします。
私が戸惑っていると二人はしゃがんで無理やり足を持ち広げられました。
二人の顔のすぐ前に、私のオマコがさらけ出されます。私からも二人の表情が伺え
ます。その光景が妙にいやらしく恥ずかしく、私は顔を背けてしまいました。
手で大陰唇を思い切り広げられ、じっくりと見ているようでした。
するとクリトリスを指で押し出すようにして、舐めてきました。私の体も反応し、
少し声が出てしまいました。なるべく感じてしまわないようにと心では思っていた
のですが。

I君「ほらMちゃん、ちゃんと見て」
そう言われゆっくりと見てみるとI君が舌を伸ばして私のクリトリスを舐めていま
す。そして舐めながら指を1本穴に入れてきました。
ゆっくりと出したり入れたりしています。そのうち指を曲げGスポットあたりを刺
激してきます。私は声を押し殺しながら耐えます。ですが腰が勝手に動くのです。

I君「見てみな感じてきたね。グショグショだよ2本簡単に入っちゃったよ」
私 「いやっ!そんなこと言わないで」

そう言って感じることを堪えてはいるのですが、確かに濡れてきたのか徐々に激し
く2本の指を出し入れされGスポットを擦られるとクチュクチュと音がしてきて想
像以上に濡れてしました。
このままだとイッてしまいそうだったのですが、そんな時にT君が…

「Mちゃん、おなかの傷は帝王切開?」

そう言ってきて、I君も愛撫を止めました。なんとなく私は助かったと思いました。
主人以外でイッてしまうことに抵抗があったからです。今更でもせめて裏切りが少
なくなるようにと自分勝手な想いでした。

「2人とも帝王切開だったから」と言うとT君は「うちも2人目と3人目そうだった
んだよ。女の人は大変だよね男は出すだけなのにね」となぜか普通の真面目な会話。
そんな会話にちょっと気が抜けました。

I君「だからMちゃんのオマ○コは綺麗なんだね。中もキツイしね」
T君「ピンク色だもんな、うちのは真っ黒だよ」
I君「うちの奴も。しかもビラビラ大きくてはみ出してるし。Mちゃんの広げないと
   ビラビラ見えないもな。小さくて可愛いわ」

そう言ってI君は私のオマ○コを広げたり閉じたりしてT君と一緒に見ています。

T君「ほんとにオマ○コの周りにもほとんど毛がないから広げないと割れ目しか見
   えないから小学生みたいだ。色白だしね」

私 「変なこと言わないでよ恥ずかしい!」

そう言って手でオマ○コを隠しならが、なんとなくいい気分になっていました。お
世辞でも褒められると嬉しくなってしまうのですね。
すると…

I君「体も冷えてきちゃったら、そろそろシャワー浴びて出るか」
T君「その前にMちゃんにお願いが