madamエッチ体験img

20歳の時、肩を脱臼して
一時入院する事になしました

入院は2日間程で、すぐに病院生活も
終わりだなと思っていたら、
おばさん看護婦とエロ体験したんです

入院した部屋は3個のベットがある部屋で、
入れ替わりで人がいなくなり、
たまたま2日目の夜が一人でした。

看護婦さんは2日では名前と顔が一致せず

AVみたいなことは起きね~よな~と一人、
友達の差し入れたエロ本を
手にパラパラと読んでいたときのこと。

まだチンチンには手をつけずに
読んでいただけでした。


そのときガラガラ、と50歳半ばの
おばさん看護婦さんが入ってきました。

とりあえずバレてるとは
わかっていつつ本を隠しました。

初日に紹介に来たのは
覚えてるのですが名前が出てこず。

名札を見ようとしていると

「覚えてないな!」

といわれ、正直に

「すみません、わからないっす」

と言うと、

「全く、Hなくせに女の名前を
覚えないと口説けないぞ!」

とぶりっ子しながら五十路ナースは近寄ってきました。

やっぱエロ本ばれてたw

「そうですね~、
でも口説いても無駄でしょ?」

というと、

「えー?私みたいなおばさんに興味あるの~?
口説いてみないとわかんないよ~!」

といいながら湿布薬の
交換をしてくれました。

そのときに胸がチラリと
見えてドキドキしてました。

で、名前を聞き、世間話をしながら、

「口説きには時間がかかるので
とりあえず携帯番号とアドレス教えて!」

とダメ元で言ってみました。

すると、

「こんな子連れのおばさんでよければ教えてやろう!」

と交換してくれました。

自分は年上の年増ババアが大好物なので
もうやるきマンマンw

退院して数日、
朝起きると携帯にメールが。

「夜勤明けなんだけどお茶でもしない?」

と誘われ、その日こちらも
仕事休みだったのでOKをし、
会いに行きました。

会ってみると私服で
イメージもちょっと違い、若く見えました。

旦那は出張なので
今日は飲もう!と朝からお酒を飲むことになり

とりあえず近くファミレスへ

朝から飲めるとこなんて近くにはなく

なんでも旦那さんと喧嘩して、
仕事では婦長さんに怒られ、
散々だったと言い、ビールのピッチが
早く早々に酔っ払ってしまいました。

僕が恥ずかしくなるほど彼女は酔ってしまって、
声も大きくなり、ほかの客の目線も
こちらに向くようになってしまったので
ファミレスを出ることにしました。

彼女はまだ飲み足りないらしく、

「どっか飲みに連れてってよ」

としきりに行っていました。

看護婦さんってやっぱりストレスが
たまる仕事なんだな~と思いつつ、

「こんな時間からお酒飲めないよ、我慢して」

と言うと、

「んじゃウチに行こう!」

と言い出しました。

「えーでもいいの?
旦那さんにバレるんじゃないの?」

と僕が言うと、

「ウチじゃなくてあなたのオウチ」

といい腕を引っ張ってタクシーを拾って
乗り込んでしまいました。

僕の部屋はあまり人様を上げられる状態ではなく、
最初は断ってたのですが酔っ払って
ラチがあかなかったので仕方なく部屋へ行きました。

「散らかってるからちょっと待って」

と言ったのですが

「いいじゃん」と

言いズカズカ入ってくるおばさんナース

部屋にはDVDやなにやらが
転がっており、ササっと隠すと、

「やっぱり見てるな~、病院でも見てたしね」

と思い出し笑いをされました。

「彼女もいないし仕方ないじゃん」

と開き直ると、

「彼女いないの?」

聞くので

「いたら部屋に上げないよ」

といいました。

「そりゃそうだね~(笑)んじゃ毎日一人Hだ」

と酔っ払ってるのでズケズケと言ってきました。

ホントのことだけに言い返せず、

「そのとおりですよ、いいね、
○○さん(彼女)は旦那さんもいて
、Hの相手には困らないよね」

と自虐的に嫌味を言いました。

すると彼女は涙目になり

「もうこんな年だし、
中年夫婦なんてHなんてしないのよぉ…」

とまたぶりっ子しながら泣き出しました。

僕もその様子にビックリして
どうしてよいかわからずとにかく
謝りながら頭を撫でていました。

「どうしたら泣き止むの?」

と聞くと、泣きながら、

「キスして」

とまたまたぶりっこww

Hなことをしようと思って部屋に
連れ込んではいなかったので
ラッキーと思いつつ、キスをしました。

「最近キスもしていなくて」

といい涙目をさらにウルウルさせました。

これ幸いと、キスをしながら胸を触ってみました。

入院中から気づいてはいましたが、
結構大きくて。

揉んでも怒らないので
ちょっと服をまくり手を入れてみました。

すると

「Hだね。本見て病院でも
こんなことしようと想像してたの?」

と聞くので

「出来ると思ってないから想像してないよ。
本見て裸の女性でオナニーしただけ」

というと、

「じゃ、本物見せてあげる」

と言い、裸になってしまいました。

それからはもうほとんど
会話もなく裸で貪り合いました。

さすが五十路熟女なだけに
垂れ乳でウエストも太めのぽっちゃりでしたが、
抱き応えのある、いい身体でした。

「白衣の看護婦とHできてうれしい?」

と聞くので、

「今日は白衣じゃないからな~」

と言うと

「今度着てきてあげるよ」

と言いました。

また出来るんだ、とほくそ笑み

「次よろしくね」

といいました。

彼女は患者さんとしたことないよ~と
言っていました(ホントかな?)

その日は夜まで4回ほどHをし、
家の近くまで送って行きました。

家には帰りたくないと言っていましたが、
仕事もあるし、このままじゃどうしようもないでしょ、
と説得し帰らせました。

何とか旦那さんとは仲直りしたらしく
、婦長さんとはどうなったか?

知りませんが仕事を続けてるみたいなので
大丈夫なのでしょう。

このぶりっこおばさんナースとは仕事がシフト制で
なかなか会うのもままならないのですが、
夜勤明けとか会える機会には
僕の部屋でH漬けの日々を送りました。