madamエッチ体験img

浪人生時代の叔母とのエロバナです。

当時自分は20歳で
昨夜9時ごろ自分の部屋で
勉強していたらチンポが勃って勉強に集中できない

ひとまず抜いてから勉強をしようと
エロ本を取り出しオナニーをすることに

気持ちよくコスっているとき、
「ガチャ」という音とともにドアが開いた。

そこには、親戚の叔母が立っていのだ

叔母は麻理子さんという名前で
うちの母ちゃんの年の離れた妹で、
まだ30才くらいで独身だ。

俺はチンポを露出している姿を
見られてすごく恥ずかしかったが、
叔母さんはさほど驚きもせず、
部屋の中に入ってきた。


「オナニーしてたの、
若いんだからしょうがないわよね」

妖しい笑みを浮かべた叔母は、
いきなり俺のチンポに手を
伸ばすと優しくコスりたててきた。

そして、チンポがビンビンに勃起したのを見ると

「すごく大きいのね…すごいわ」

と言ってフェラチオを始めた。

その口技は最高だった。

カリ首を下から舐め上げたかと思うと、
尿道口に舌をあててレロレロと小刻みに動かす。

メチャクチャ快感で、
俺はすぐにでもいきそうになった。

さらにチンポをしゃぶりたてる
彼女のいやらしい表情を見てると、
大人の色気を感じてさらに興奮が加速し、
俺は我慢できず叔母さんの口の中で出してしまった。

しかしそれで終わりではなかった。

叔母は

「ヨシくんがオナニーしてるんじゃないかと
思って入ってきたのよ。
今度は私にもお願い」

と言いながら、
スカートを脱ぎ紫色のパンティを見せ付けた。

そして俺の頭を両手で挟み、
自分の股間へと導いた。

そこはパンティの生地の色が変わるほど濡れていて、
舌でつつくと「ピチョ…」と官能的な音をたてた。

しばらくクンニをしてあげていると、
彼女は

「ああ~、やっぱりオチンチンが欲しい」

と言い、床の上に四つん這いになった。

「早く入れて、さあ!」

俺は後ろから豪快にブチ込んで、
激しく腰を振りまくった。

女盛りで三十路の独身の叔母は
俺のオチンチンでイキ狂い淫れまくっていた


でも階下にはうちの家族たちがいるので
声を押し殺すのが超たいへんそうで、
必死に口を手で抑えていた

そんな姿もとっても妖艶で、
叔母は背中に汗をかきながら
蛇のように全身をくねらせていた。

その腰使いに促され、
僕は2度目の絶頂を迎えてしまった。

どうやら、その日は妙にムラムラして
甥っ子である俺の貞操を奪いに来たらしい

とてもスケベな叔母なんです